衿がヘン・・

ものすご~く厚い生地で出来たコートのお直しの依頼がありました。。

「衿がおかしいんです!」   ・・・という事で早速拝見・・

衿がヘンに膨らんでいます    それと・・ねじれて見える???

お客様と打ち合せてフードを壊して衿を新しく作る事に・・

解きに入る前にもう一度よ~く観察! ちょっと思いついた事が。。。

お洋服のお直しは難しいパズルを解くようです

前の衿つけから解くなんていつもはしないところからスタート

左右を少しづつ 均等に 肩付のところまでほどきました。

そしたら不思議・・・上衿と地衿の長さが一緒になりました  ???

「合ってるじゃない!」 と普通は思いますよね・・

衿には返り分といって、生地の厚さで、上衿と下衿の出来上がりを調整します

これをしないと、この商品のように衿がぷくぷくの状態に上がってしまい

とても落ち着かない状態になってしまうのです。。

とても厚い生地でしたから、前中心の衿付で正しく衿合わせをしたら1.5cmもずれが出てしまいました

簡単なお直しで済んでホッと・・お客様も安くて済んでホッと・・パズルが解けてよかったです。。