エルメスの・・

ただ今、エルメスのスカーフで作られたビンテージのブラウスをリメイクしています。

とてもクラッシクな柄で多分2枚同柄を使ってこしらえたものだと思います。

とても素敵なのですが、いつ誰が制作したものか・・パターンがヘン! 縫製が?

とにかく体に合わない・・・それで全面的につくり変え・・

柄の良さも生かされていない・・ パターンはOK・・お客様に着ていただきながら

柄の位置も検討。。  ここまで大丈夫!

では縫製に・・・ここからがまた一難です。

スカーフのシルクは本来着る目的で作られていません。だから、とても不安定・・

それと前の縫製の糸がとても太い・・  そ~とほどきます。。。。

縫製方法もなるべく素材にダメージが行かないように考えます。。

あとはボディに着せて縫い目に不具合が出ないように確認・・・

ここが肝心! かなり時間を掛けました。 

やっと完成です。。  お客様も大満足でした。

かりゆし・・

先日、お客様がかりゆしシャツの事でご相談・・

お子様からの沖縄土産とのこと。

クリーム色に左側だけハイビスカスの入ったデザインです。

「子供達にイツ着るの?? って言われるけど・・・・」

何が問題化というと・・カジュアルすぎるんです。。

そう・・・この手の商品が巷に多くみられます。

ある程度の年齢を重ねると、カジュアルは良いけど・・カジュアルすぎるのは・・・

この微妙さ!  わかりますでしょうか??

早速着ていただき、ピン打ちしながらご相談です。

結果・・丈も袖丈も、衿の幅もetcほんの少しずつバランスを変えていきました。。。

もう少しで出来上がります。とてもおしゃれでカジュアルな今年らしいシャツになると思います。

ヘップバーン・・

お仕事をしていると、時々とても面白いご注文をいただきます。

レディースのスカートをメンズのパンツに・・

スカーフでブラウスを・・  etc・・etc・・・

今回は・・ウエディングドレスでヘップバーンのイメージをつくること!!

この場合のヘップバーンと言ったら・・ローマの休日のイメージに決まっています。

王女様の時のイメージです。。。 

まず着ていただいて・・ウエディングのイメージ排除から始めます。

スカートはミディ丈・・ 時代は’60年代・・ ジバンシーのイメージですネ・・

シルエットはダンドール・・ですネ・・  長手袋はゼッタイ・・

最後にちょっとしたアイデアも入れていただいて・・ もうすぐできあがりますよ~!!!

洗濯は・・

最近続けてお客様から聞きました・・

かなり傷んでしまったジーンズの修理ソレゾレのこと・・

はき込んだ!!状態のお客様お気に入りのものばかりです。

修理は問題ありません。  問題はここから・・・・・

一度も洗濯したことがないとのこと (^ω^)

一本は、アバンギャルドという言葉が流行ったころの欧州系某デザイナーブランドのもの

ジーンズの上にペンキで色をかけて変わった雰囲気を出していた事と思います・・・

洗えない・・・・・・・!!!    「どうしたらよいでしょうか????」とお客様。。

お気に入りだからズ~と着たい・・ ただ生地が ‘劣化!’ を起こしています。

これ以上このままだと  ただのボロ  になちゃいますよ~!!

本来はジーンズの色あせも、退色も、破れだって洗って洗って・・味が出てくるものなのに

情報がどこかで間違ってしまったのではないでしょうか?????

「どうしたら・・・・」  方法はあります。。

よくブログに登場するクリーニングのプロに相談しました。

「洗うのではなくてお手入れすればよいのですよ・・・・」

この違い分かりますか?