革のジャケット・・

今シーズンは、革のジャケットのお直しがとても多いです。

どれもとても革が良い・・

良い革は、何年経っても滑らかで・・その分針が通りにくい・・・

なるべくお客様に出来上がった状態が解るように心掛けているのですが、、

中々これが難しいです。。  それでもいろいろな方法で・・・

お直しも手早くないといけません。

だから革のお直しは・・特に・・パターンの解るものがつくっています。。

職人とのやり取りもパターンを想定しながらの打合せです。

仕上がりは・・・  お客様のうれしそうなお顔が物語っています。。

釦で・・

ここのところ、釦を替えたいお客様がとても増えています。

少し前のものの肩幅を直したり・・丈を変えたり・・でもなんとなく物足りない・・・・

それで・・釦。。。 それも洋服に合わせて考え方もたくさん!

古い金釦を今に合わせて・・ナットの釦に・・ この場合は生地と同系のカラー。。

60年代のVANをイメージして革の釦・・カラーもちょっと古びた茶のイメージ・・・

中々楽しいです・・・ お客様一様に 「雰囲気が変った!!」 といって下さいます。

ちょっとした遊び心で、釦を変えてみませんか?

ほころび・・

11月に入ってもなんとなく汗ばむような日が続きます。。

震災以来、少しくらいの異常気象は驚かないけど・・11月ですよ~???

お客様の冬支度も例年に比べると遅れているみたいですね。

ところが・・・いざ着ようとしたら・・ほころびやファスナーに問題etc・・・・

いきなり駆け込んでくるお客様が毎日ひとり二人・・

ニットの脇が切れていたり・・ヘムのまつりが解けていたり・・・

昨日は、出張に持っていく革のジャケットのファスナーが 「動かない!!」

一日しか時間が無い!・・・まあ・・何とか間に合うと思います。

思わずため息・・Huuuu!

こんなバタバタな日々を送る今日この頃です。。。

こんな事にならないように・・お気に入りの服は、直ぐ着なくても確認した方が良いですよ