金釦・・

「袖口の釦の音がうるさいので何とかして欲しい」 とブレザーをお持ちのお客様・・

紺に金釦のメンズの定番ラインの商品です。。。 。。

ここからが普通でない??? 

今、メンズのジャケットのお洒落といえば袖口に凝る事・・

袖口釦の重ね付けにこだわるお客様がとても多いです

それで・・先程の紺のブレザーの袖口釦が重なるように設定されています。。。

金属釦は裏足になっており、普通の表穴と比べると安定しません

それを重ねたら・・・・・・・動くたびに音がするのは避けられません

音がしなくなる為にはいろいろな方法が考えられますが、お客様と相談の上同じ

金属釦のサイズの小さいものをお探しする事になりました。。

音がするお洋服!  とても着心地が悪かったと思います・・

ゆとりって・・

先日、依頼を受けたドレスのこと・・

ノースリーブの身頃がレースでスカートがタフタ ・・とっても可愛いデザインです。。  

お直ししたい内容を聞いて・・びっくり!!

ゆとりを全部取りたい とのこと すこしでもゆとりがあると太って見えるから・・・とか

特にウェストピッタリ・・当然、着れないのでファスナーを長くして欲しいとの事。。

何度も確認したのですが・・・ご本人のご希望通りにおつくりしました

適度なゆとり感は体形をきれいに見せると信じて疑わないのですが???

衿がヘン・・

ものすご~く厚い生地で出来たコートのお直しの依頼がありました。。

「衿がおかしいんです!」   ・・・という事で早速拝見・・

衿がヘンに膨らんでいます    それと・・ねじれて見える???

お客様と打ち合せてフードを壊して衿を新しく作る事に・・

解きに入る前にもう一度よ~く観察! ちょっと思いついた事が。。。

お洋服のお直しは難しいパズルを解くようです

前の衿つけから解くなんていつもはしないところからスタート

左右を少しづつ 均等に 肩付のところまでほどきました。

そしたら不思議・・・上衿と地衿の長さが一緒になりました  ???

「合ってるじゃない!」 と普通は思いますよね・・

衿には返り分といって、生地の厚さで、上衿と下衿の出来上がりを調整します

これをしないと、この商品のように衿がぷくぷくの状態に上がってしまい

とても落ち着かない状態になってしまうのです。。

とても厚い生地でしたから、前中心の衿付で正しく衿合わせをしたら1.5cmもずれが出てしまいました

簡単なお直しで済んでホッと・・お客様も安くて済んでホッと・・パズルが解けてよかったです。。

釦つけ・・

お直しのアイテムで最近とっても増えているのが・・釦つけ

SHOPを始めるまで世の中の人が釦つけでこんなに困っているなんて思ってもみませんでした

今の季節はコートの釦!  コートとかジャケットの釦って 「根巻き」 といって

釦の下に必ず足をつけます  これが緩いと釦が取れやすくなります。。

前は機械付けの釦には足が無くて、おまけにほどけやすかったのですが

今はちゃんと足つきができる様になりました。 それでも釦付は手でつけるのが一番!!  

それで面白い事・・・ 最近情報が手軽に手に入るせいか、釦つけにもウンチクが・・・・

ものすご~く長い足つきの釦つけをご希望のお客様が最近ちらほらいらっしゃいます

商品に付いた釦の足もなが~い!  これ間違いです。。 それともファッション???

足の長さは生地の厚み分で十分です それも釦ホールで生地が押えられるので加減が必要です

一応ご説明はいたしますが・・とってもこだわりの強いお客様にはご希望通りにおつくりしております。。。

今年も宜しくお願いします!

今年初めのコメントなのに・・ちょっと間の抜けた日になってしまいました

今年は7日までゆっくり?お休みさせていただきました

お客様に喜んでいただけるよう、気持ち新たにがんばります!

年の初めは恒例の今年の予測・・

今年はなんと言ってもカラーがおもしろい!

ブライトトーンとかパステルトーンといったきれいなカラーが目白押しです

中でもブルー!  カラーとカラーのコーディネイトなんかもお洒落だと思います。。

シルエットはスレンダーのナローライン・・自然なボディに沿ったシルエットです

ハイウェストは絞り位置に表現されます

それと正反対のボリュウムを感じさせるフォークロア調・・あくまでも調??

パンツは裾に向かってティパードされたラインが主流・・

昨年初めに予測したワイドパンツがかなりの広がりになる模様。。

いかがでしょうか? 気になるものはありましたか??