パンツのお尻・・

前回のブログに続いて・・パンツのトラブルのお話。。

先日の男性のお客様からウエストの寸法出しのご依頼の時の事・・

一緒に、左のお尻部分の綻びの補修もお受けしました。

解き始めてなんとなく違和感・・  股上の後ろの縫い目が左右同じになってない!

これって大変なことなんですよ~

内側から確認しながら慎重に解いて・・左右の地の目を合わせながらピンを打ってみました。。

・・・なんとウェストでの左右差が1.5センチも歪んでいた事になります。

出来上がり時に、お客様に確認したら何度か直しを入れたとのこと・・

正しく縫われていたら左の綻びは出来なかったかも・・・・・

直したことで問題が起きるなんて・・考えさせられる出来事でした。。。

補修・・されど補修・・

花冷え・・春なのにさむいですね~!  

この時期になるとリペアのご依頼のお客様が増えます。

特に男性の方は、スラックスのお知り部分の擦り切れや穴・・

ジャケットの袖口やヘムのトラブル・・がとても多いです。

お尻が大きくかぎ裂き!! 等等のお直しはお任せください。。

持っている知恵を全部使って、かなりの傷まで補修出来ますよ~

お客様から 「パズルを解くみたいね・・」 っていわれたことがありますが

まさにそのとおり・・同じパターンは二つと無く・・・結構楽しいンですよ。。

「どうやって直したの??」 って昨日もお客様に聞かれました。

お仕事をしていて・・楽しい瞬間です。。。

 

嘘みたい・・

嘘のような・・ホントにあったお話・・・

オーダーのコートをお持ちになったお客様・・

素材はカシミヤのかなり良いもの・・裏はシルク・・

でもなんとなく・・・???  すっきりしない・・重ったい・・???

お客様のイメージもわかりやすい???

軽くて・・着やすく・・おしゃれにして欲しい・・とのご注文・・・ごくごく当たり前のこと?

パターンに問題があるのは確かです。 とにかく全部解くことに。。。

吃驚!!!  芯が貼ってない!! 芯の無いコート・・・・・・

いろいろ問題のことは・・・無視することに   とにかく芯が無い!!!

どんなに良い素材でも・・軽く上げたくても・・基本はきちんと押えてつくらないと・・

新しく生まれ変わったコートはお客様のイメージにぴったりでした。

でも、、、新しいコートに対して芯の貼り具合の説明をしたのは初めてでした。。。