新しいもの

今迄「こだわり」を過去において良い物のお話をしてきましたが、
新しい技術や新しい考え方を決しておろそかには考えていません。

「古いもの」が守る事のみにいけば、せっかく当たった光が消えてしまうでしょう…
新しい考え方を取り入れながら時代と共生していく事が出来ると良いと思います。

その一方で時代の進歩で常に技術革新が行われている事も確かです。
その中から新しいファッションや考え方が生まれて来ると思います。

今そのひとつのものが目の前に差し出されました。
どんなもの…???ナイショナイショ…まだ海のものとも山のものとも…
でも確実に商品化できたら面白い…ものです。
出来たらお知らせしますネ。。。

くつ下のこと

友が亡くなりました。
社会人になってからのなが~い年月を共有したり相反したり…とても厳しくやさしい人でした。
たった1年足らずの闘病生活でした。自分には何ができるのかずいぶん悩みましたが、
自分なりの向かい方を通す事に決めました。
私がつくったくつ下を贈った時に電話で久し振りにたくさん話しました。
体にやさしいものをつくりたいと話したら、良い方向性をみつけたねって言ってくれました。
最期までくつ下をはいてくれていたと聞きました。それをはいて旅立つそうです。
とてもつらいです…合掌

生産現場にて。。。

ここのところニット、それも久し振りに「手横」と呼ばれる横編み機を使ったローゲージのデザインをしています。
ずーとハイゲージ、ミドルゲージが主流の時代が続いて、タダでさえ少なくなった工場さんの中、
編み機を使いこなせる職人さんがほとんどいなくなってしまったとか…ホント思い当たります。
デザイナーは新しく思いついたものをつくって欲しい…
でも生産基地でなにが起きているか知っている人がどれ位いるでしょうか???
出来たものをつくる工場はなんとかなります。
でも…新しくつくり上げる事のできる技術者がどんどん減っているのが現実です。
原点に返り工場さんと直接お話しながらものづくりをしていて、バブル崩壊後の利益追求の風潮の中で
無くしたもののおおきさを実感しながら、それにもめげず日々戦っているつくり手の人達と共に
ものづくりを諦めないでいきたいと思う今日この頃です。

軽から重のイメージへ

09S/Sまで続いていた軽く・やわらかく・ふんわり…等と
つくり込んで来たイメージがとうとう変わりますよ!!!

来年A/Wは、久し振りにボリューム感がテーマです。
特に衿周りは、トレンドになればなるほどこれでもか~って
いうくらいのボリューム感です。

だからといって急に商品が重くなるわけじゃない。。。あくまでイメージです。

軽さと楽さを経験したらもう、それがどんなにファッショナブルでも
肩が凝るような重さや硬さに戻りたくはないですものね。

もうひとつ…上衣のボリュームも大きくなってきています。丈も長め。。。
レイヤードスタイル等の重ね着がしやすいようにデザインされています。

細いパンツ、レギンス等と合わせるのが一般的ですが、トレンドはレッグ・ファッション!!!
注目一番です。私もレッグ・ファッションにトライしてみようと思っています。

山形は、今日が初雪???

昨日は、山形の寒河江にあるニット工場、アブ・サンに行って来ました。

夕方に出荷がある日でお忙しいのにありがとうございました。

東北方面に新幹線が走るようになりホント便利になりました。

今や新潟や山形に出張するのに日帰り出張が普通なんですよね。一昔前?までは考えられなかった事です。

山形は、紅葉の真っ盛りでした。山はもちろん里もなんてきれいなんでしょうか!

朝から雨っぽかったのですが、お昼に虹を見ました。とても大きな虹でした。

空気が澄んでいるのでものすごくきれいでした。良い事がたくさんある前兆。。。?かしら

遠くに見える月山や蔵王は白く霞んで何も見えませんでした。そしたら、「明日は初雪だね。。。」って

アブ・サンの社長が教えてくれました。