カルフールのこと

青山の銀杏並木の青山通りをはさんだ向かいにカルフールというアンティークジュエリーのお店があります。
とてもおしゃれですてきな女性社長のショップです。知り合ったのは、20年位前のベルコモンズの地階にカルフールが
あった頃…その後骨董通りに近くにショップが移転してそこにもせっせと通いました。
アンティークがブームといわれてもほとんどが時代考証もいいかげんなものばかりの昨今ですが、この人は本物です。
自身の目と感性で自分の世界をショップに表現しています。
“美術館物よね”って表現するしかないジュエリーひとつずつもすばらしいけど、それをみせているインテリアも…
レイアウトも…「素敵」という言葉がこんなにぴったりくるショップは少ないのではないでしょうか。
振り返って…ファッション業界はといえば…前には確かにこういうショップがあった…と思うのだけど……
服に対する情熱があふれるショップ…つくらなくちゃいけませんよね。
人ごとにしないように私も勉強を続けます。

2009/10 autumn & winter trends 1

来年の秋冬トレンド情報分析にはいりました。
これが始まると自分の精神状態が内容と共に上がったり下がったり…ホント大変です。
今からupする日が待ち遠しいです。
と、ぐちはこれくらいで…

私たちファッション業界の常識として、年間を春/夏と秋/冬の2回に分けてトレンド情報をつくります。
ところが、ここ数年の傾向として世界中が夏と冬に対して分析するようになって来ました。
自分自身の感覚でも春と秋はイメージでしかなくなってきています。
地球の温暖化などの影響は、ファッションの常識をどんどん変えていくのでしょうか…?
10月くらいまで夏ものを着ている昨今、8月のお盆過ぎを残暑といって本当に良いのでしょうか…?

店頭を見ると,相変わらず昔からのシーズンMDによる品揃えが並び、なんとなくの違和感のまま
その商品が本当に必要な時期にはバーゲンが始まっている…

季節感も含め、そろそろ見直す時期かもしれませんね。                           ms.t

教育実習が終わって…

第一回の教育実習が終わりました。
今までコンピューターが苦手で、CADは出来ないと思い込んでいた実習生が3日で原型づくりが出来ました。
何よりうれしかったのは、ボディとパターンが一体になって理解出来たとたん、さくさくとcADが動き出した事です。
きちんとしたパターン理論とシルエットラインのイメージがつくれるとパターンは楽しいですよ。
アナログさんもデジタルさんもパターンづくりはイメージからはじめてください。

教育実習しています

昨日から明日まで長野県の高校の先生に対しての教育実習をしています。
ボディからイメージをつくり、CADを使ってパターンをつくります。

1日目にCADでパターンをつくる事に とっても緊張してました。(皆最初はそうなんです。やる前の苦手意識ですよ~)

2日目には、CADを使っています…うれしい~真剣な中にもどこか楽しそうになってきました。

いつも思うのですが…学校で教えるパターンと業界でつくるパターンとの間にはものすご~くおおきな違いがあります。
今回もパターンを製図する… ではなくて、シルエットを… ラインを… イメージして図形化する に置き換えると
不思議なくらい楽にパターンがひけるようになるんですよね。

明日、3日目です。
どんな感想を持って帰られるか…そして、生徒さんとどんな話をされるのかとても楽しみです

スローメーキングなくつしたづくり

ユニバーサル・デザインの企画で、くつしたをつくっています。

靴下にゴム糸を使用せず、洗濯すると足になじむ昔ながらのくつしたのつくり方です。

足がむくんでくつしたをぬぐとそこに跡がくっきり…なんて経験あるでしょう。

このくつしたは、跡がつかないんです。ホント不思議…

夏休みが明けたらサンプルが出来てきます。

編みあがるまで色の雰囲気が判らないのがあって、すご~くどきどきしながら楽しみにしています。

この靴下…はいたら目からうろこ?  ですよ。

                                               mis.t