衿・ラペルの・・

なんとなく違う・・・

ことのひとつに衿・ラペル(テーラーカラーの返しの部分)の大きさがあります

特に80年後期~90年代前期頃にデフォルメされた大き目の衿が流行りました

幅を変える事で服のイメージがものすごく変わります。。

もうひとつ・・この時代は衿周りがなんとなく丸みが強いのです

感じた事はありませんか?

衿のラインをなるべくシャープに・・襟幅を細めに・・

ここのところ意識して、衿元のラインづくりをしています。。

釦の・・

少し前のコートは、とっても丈がなが~い・・

ウールから綿のコートに変わっても丈詰のお客様が多いです

今は、トレンチ型のコートがお客様の着たいコートになっているみたいです。。

それで丈詰・・・・いつものように鏡の前で全体バランスからピン打ちします

気になるのは釦位置・・  全体に下に付いているように感じます

今はポイントが上にあるほうがおしゃれです

ウェスト位置がなるべく上に見えるようにバランスを取ると下半身が長くみえます

背の低いお客様には特にお勧めしている事があります。。。

一番下の釦を一番上に持っていく・・下は掛けない・・・

これだけで足長にみえる事請け合いですよ!  お試し下さいネ!!

お気に入り・・

SHOPをしていると、いろいろな人から 

「おいて(品物を売って)欲しい・・・」とよく頼まれます

棚には、売り物ではない、糸と本しか置いていない変な?SHOPです。。

そんな中で、唯一開店の時から売っているものがあります

くつした・・ゴムの入っていない、昔ながらの作り方の足に優しい靴下です

新潟のくつした工房さんでつくられる本当に良いものです

桐の箱に入れて、あまり目に付かないところにあります。。。

知らないうちに売り切れて・・・また補充して・・・

スローメーキングな靴下に合わせた、スローな売り方をしています

それなのに結構ファンが多くて、一度買われた方は必ずリピーターになって下さいます

聞かれた時しか商品のご説明もしないのですが・・・

よろしかったらぜひぜひお試し下さい  絶対ファンになると思いますよ!

詰め過ぎると・・

気がつけば4月・・・

日々を夢中で過ごしてきたら・・なんて時間が経つのが早いんでしょう。。。

今シーズンはジャケットのいろいろを詰めるお客様がとても多いです

パンツは前からお話しているように 丈・・ 幅・・ が圧倒的!

ジャケットは 肩・・ 袖丈・・   スカートは 丈・・・・ウェストは大きく!

不思議とお客様の 「したい事」 には共通項があるようです。。

困るのは・・ 無理な詰め方をご希望のお客様・・

鏡の前で着ていただきながら説明いたしますが、シルエットを無視した詰め方は

お洋服を着にくいものにしてしまいます

お客様のご希望に添って・・バランス感覚の良いラインをつくりたいと常に思います。。