シルエットを変えてみました・・

いつも面白いお仕事を持ってきてくださるお客様・・

ベルベットのワンピースをお持ちになりました。

とっても急いでいる様子・・・

お話を伺うと、、親戚の結婚式に出席予定でドレスを用意していたら

花嫁のお母様が第一礼装ではなくスーツに変更した為、

急遽ドレス変更しなければいけなくなったとのこと。。

こういうことって意外とあるんですよね。。

出席者 特に女性は大変です。。

それで手持ちの中からベルベットのドレスを選んだけれど・・なんとなく・・違う!!!

早速着ていただきました。  何が違う???

デザインはとてもおしゃれです。。   でも・・シルエットが違う。 。

スレンダーラインと呼ばれ一時代を風靡したラインをハイウエストのナローラインに・・・

ベルベットの素材で少し緊張しながら新しいラインをつくっていきました。

結果は・・計算どおり とっても素敵に変りました。。。

oo様、間に合って良かったですネ

喪・・

11月20日に父が亡くなりました。 

覚悟はしていましたが、何の準備も無いままその日を迎えました。

お客様には、大変ご迷惑をお掛けしました。

大変申し訳なく思っております。

不都合等ございましたら、対処させていただきますのでご連絡をくださいませ。

又今日からがんばりますので、宜しくお願い申し上げます。

ショップにてお待ちしております。

                              店長

ドット釦・・

ドット釦って知っていますか?

羽毛等の入っているコート等についている「パッチン!」と留める金属釦の事です。。

コートの季節になると、この釦の凸凹どちらかが×というお直しが増えます。

これが取れると、中々厄介・・・です。

この釦、、見た目より取れやすいんですネ。。

ドット釦は“打ち具”と呼ばれる工具で直接衣服に打ちます。

釦等、市販もされているのですが、やはり打ち具がないと難しいです。

それと・・海外生産のものは、殆ど同じものは手に入らないと思ったほうが良いです。

そして・・付け替えるには、釦の周辺を解かなければ出来ません。

ようするに、お直しには見た目より手間と費用が掛かる・・という事です。

でもこの釦が使われる商品ってデザイン性が高いものが多いんですよネ・・・

だから、「とれた!!」って言われたら結構大変なのです。

お客様が納得できるべく同じもの、、近いものを求めて探し回ります。

今シーズンもそろそろ・・・始まるのでしょうか?

裏地が・・

先日、メンズのジャケットを二枚持ったお客様がみえました。

裏地が破れたのでその部分だけ取り替えたいとの事・・

確認すると、不思議な事に二枚共左前の脇パーツが破れています。

何で・・??二枚とも同じとこなんでしょう??

疑問は置いておいて・・・まず裏地の色合わせです。

ひとつは黒でしたので、何とか大丈夫。。でしたが、、、

もうひとつは、あまり見たことの無いタイプの裏地で色合いも不思議な・・・

いろいろ探しましたが、全く似てもいない裏地ばかりです。。

そこで、、、ジャケットが夏物で裏地が半裏でしたので、

思い切って表地の色に合わせてみました。

結果は、グ~!! 全く後見頃に同化してくれました。

お客様も大満足でした。。。

でも・・・・なんで左側だけが同じように裏地が駄目になったのか??

すご~くふしぎです。。

サイズ出し・・

先日の事・・・スカートのサイズ直しのご依頼がありました。

早速着ていただいたのですが・・・・・・ウエストから裾まで寸法が12cm足りません・・

ここまでのサイズ直しは初めてでしたので、一瞬?!!となりました。

スーツの下なので、どうしても直したいとの事。。おまけに3日の期日指定。。。

別生地を使う事でお受けしました。   ここからが難題・・・

生地の色が濃紺でしたので比較的生地が見つかりやすいかなっと思っていたのですが

素材がシルクとウールの混紡糸で、全く合う色が見つかりません。

かろうじて一社のみグログランテープの色が合っただけ・・・

どうしよう????・・・・・・・・

とにかくほどいてみる事に・・かろうじて縫代全部と・・ベルト!!・・ベルトを使う事に!

生地がストライプでしたので同じ幅になるように接いで・・接いで・・

その他いろいろetc・・ 裏地は全く作り変え。。

ウエストベルトはグログランをつないで・・・

仕上がりは、全く普通のスカート?・・になりました。

お客様の笑顔にホッとしました。