仕事納め・・

タイトルの言葉が全然ピンとこない、年末らしくない仕事納めになりました。

年々そうなのは・・もしかして・・年のせい???

なが~く生きていて、、今年は一年中お天気に一喜一憂していたような気がします。

お正月も寒波とか・・お風邪などひかれませんようにお気をつけ下さいネ!

30日の午前中はお掃除をしております。受け渡し等ありましたらお声をお掛け下さい。

新年は1月6日(木)より営業いたします。

今年もありがとうございました。

良いお年をお迎え下さい。。

パンツの丈・・

気がついたらアッという間に・・師走。

あと2週間で今年が終わるなんて・・ホントに早い1年でした。。

お仕事も少し落ち着いてきたところで、いつも感じている事・・です。

弊店では、パンツ・スラックスの丈上げは必ずはいてみてのピン打ちをしています。

ご自分で計ってこられるお客様にも、もう一度はいて見られることをおすすめします。

「そのまま測った寸法で・・・」 と言われた時はそのままで・・

もう一度確認をなさったお客様の多くが少し長めな場合が多いです。

何故?? ご自分で見られる時は前かがみになっていませんでしょうか?

最後に全身を鏡に写して点検していますか?

丈を決めた後、靴を履いて確認していますか?

もうひとつ・・ほとんどのお客様が丈を上げたところに安全ピンで留めてこられます。 

安全ピンの針はかなり太いものが多く、素材によっては穴跡が残ってしまう場合もあります。

くれぐれもご用心下さいネ。。。

ニットにレース・・

今取り組んでいるのが、淡いグリーンのカシミアのセーターのリメイクです。

ベーシックな形を衿ぐりを大きく開けて・・サテンテープでトリミングします。

そこに少しギャザーを寄せたレースを縁取り・・

前中心にもサテンとレースで前立の飾りをつくります。。

前立には小さな釦を間隔を狭めてクラッシックなイメージを・・

材料を揃えて・・お客様といろいろなパターンを考えて決めました。。

少~し古くなったニットがとっても優しくおしゃれなプルオーバーに生まれ変わると思います。

リメイクといってもこんな方法もありますよ。。。

相談している時のお客様のお顔が・・もちろん私も・・とても楽しい時間でした。

革のコートに穴・・

最近はとても難しいお直しをお持ちになるお客様が増えています。

先日の事です。。男性のお客様が 「袖に穴が!!」

拝見すると、革のコートの左袖の肘辺りに大きな穴があいています。

タバコで焦がしてしまった・・とのこと  見ると裏地から中綿まで・・・全滅です・・・

おすすめしたのはダメージのある革のパーツのお取替え。。

それと裏地の部分補修と中綿の部分補強です。。

革専門の職人と打ち合わせをして提案いたしました。

ここまで直すと金額的にも安価というわけにはいきません。

最初、お客様は表の穴だけふさぐ事を考えていたようです。

女性の方ならアップリケetc・・装飾を加えて直すことも出来ますが・・・

店頭も見ていただきお直しするメリット・デメリットを考えていただきました。

その結果・・  「お気に入りのコートなので修理して大事に着ます」 

・・と、うれしいお返事をいただきました。。。

お客様の “大切な一着” に対する思いをお洋服に表現できるよう・・・がんばります!!

年末年始のお休み・・

今日から12月も2週目に入ります。

今年は一年がホントに早かった~!

夏の暑さのせいか暦ばかり見ていたような気がします・・

12月に入ってから穏やかな小春日和が続いています。

師走・・って全然気分ではないけど・・年末年始のお知らせです。。

12月29日が水曜定休日ですので思い切ってそこから

1月5日の水曜定休日までお休みいたします。

30日は大掃除をしていますので、受け渡し等がありましたら午前中にお願いします。

・・・書きながらクリスマスも・・お正月も・・まだまだ気分になっていません。。。。