かみ合わせが・・

ここの所続けて依頼を受けたファスナーのこと・・

「ファスナーが壊れたので取り替えたい・・」 

早速、確認・・  ・・・壊れてな~い?? 

という事で続けて3件・・いろいろ手を加えてかみ合わせを直したら

交換しなくて直りました。 お金もほとんど掛からないしお客様もホッとです。。

上げ下げの時、一番力の掛かるところだからとてもトラブルが起きやすいンですね。

弊店では、手をかけなくて良い事はなるべくしない・・で直します。

合理的に直したほうが仕上がりもきれいです。

ただし・・ファスナーの歯が取れてしまった場合は交換しかありません。。

「何とかして~!!」 といわれても無理なんです~。

とにかく・・お見せください。。

さわってみないと直るかどうかわからない場合もありますので・・

前が・・

今シーズンの夏、胸にゴムシャーリングの入った

フルレングスのドレスの丈詰のご注文がとても多いです。

普通は前後共、同じ寸法で丈詰をするのですが・・

不思議と前がとても長い方が結構いらっしゃいます。

多少前が長くても・・前下がりの付いたものもありますし・・・??

原因は・・お客様の姿勢!! 前かがみの方が多い??

鏡の前でピンワークをする時すこ~し目線が下がるため

このようなことが起きやすい方・・ 一番いけないのは、、

本当に姿勢が悪い場合・・・階段とかで裾を踏みやすいのです。。

この場合、お客様に説明をして前後の丈を少し調整したり・・胸紐を締めたりと

工夫を致します・・がそれでも心配です。

裾が破れる・・ならまだ良いのですが、シャーリングのドレスは

シャーリングがゆるい場合が多く見られます。

軽く裾を持って優雅に見えるように工夫するとか・・・

とにかくお気をつけ下さいネ!

プリーツの・・

ここのところ続けて、生地全体にプリーツの掛かったもののお直しをしました。

一番難しいのは、着丈・袖丈等の丈詰・・・意外な感じがしませんか?

何故?  プリーツを掛ける場合先に丈等はつくっておき、見頃と一体にプリーツ加工をします。

だから後から直すとなるとヘムが収まってくれません。。

いつもは難しい肩幅詰め等は、その逆でニットと同じ扱いで大丈夫です。

とてもきれいに上がりますよ。  問題は前者・・・

「どうしても・・・」 と・・・やってみたのですが・・・やっぱりおさまらない!!

収める方法をいろいろ考えています。。。。。。。なんとかなりそう・・ですよ・・

それぞれの・・

メンズのスラックスが4本持ち込まれました。

さらにもう一本・・はきやすいのでこれと同じに・・とのご注文。。

ムリです!  残念ながら無理なんです。

お持ちになったスラックスは、確かに同じデザインのビジネス用のもの。

でも、それぞれパターンが違います。

一見同じようでも・・全然、型が違うんです・・・

お客様にご説明して一本ずつはいていただきました。

案の定・・直す分量等々全部違いました。

それと・・お客様が 「こうしたい!」 と思われたのと直し方が正反対だったり・・・・

とても納得していただきました。   良かった!!!