のび~る・・

先日来店した高齢のお客様  パンツが脱げるので詰めて欲しいとのこと・・

早速、はいていただき確認・・結果・・詰めるのではなくて出さないといけない・・

ウェストからヒップにかけて12cm寸法が足りません。。。

どうしてこのような勘違いが起きたかといえば・・

今巷で売られているパンツ 特に高齢のお客様に向けた商品のほとんどが 

ストレッチの入った素材で作られています。 縦横のびの2way・・

斜めの伸びが加わった4way etc・・とにかくのび~るものばかりです。。

動きやすく、履き心地の良いのが特徴ですが このお客様のように

素材がのびてしまった為に お体より小さいサイズを選んでしまう事があるのですね・・・

それと・・今の市場の主流は 「股上が浅い!」 のです

デザインと機能性のミスマッチ!! 

お体に良いように考えられた事が逆に穿きにくさになってしまう・・・

とても難しいこと・・ですね。。

色あわせ・・

むずかしい~!

なにが? というと糸の色あわせ・・・

渋い紫のカット&ソーの丈詰をしようと・・全然糸色が合わないのです。。

手持ちの糸はもちろん 材料屋さんで探しても合う色が無い!!!

ニットのお直しには2種類の糸が必要なのです・・・

とりあえず1種類だけ購入してもう一度SHOPの中を探しまくり・・

見つけました!  組み合わせてみたらピッタリでした。。。

これと同じ事・・・ファスナーの土台の生地部分でも色あわせが中々大変です

絶対妥協出来ない・・この色あわせ・・ちょっと色が違うってとっても気になるから

時間がかかっても納得いくまでカラーを探します。。

パフリ分・・

パフリ分って解りますか?     わかる人はおしゃれ上級者。。?

今シーズンは袖がトレンド! ギャザーの入った袖山・・ 袖口はパフスリーブ・・

クラッシックなディティールに人気があるみたいですね

そこで・・・袖をエレガントにする為には踝辺りにふんわりとした丸みが必要です

この、ほんのちょっとのゆとり感をパフリ分といいます

これが表現されているのと無いのでは雰囲気が全然違ってみえます

先日来店されたお客様が怒っていました 

「他で直したらパフリ分を全部カットされてしまった!」  お気の毒です。。。

このいらないような・・分量が 「お洒落」 なのですから・・

今日もお客様に説明をしながらパフ袖の丈詰をしています。

ジーンズの・・

お直しの終わったジーンズが積まれています。。

今シーズンはダメージ・・では無くてきれいに着たいお客様が

増えているようですネ  「穴を塞いで欲しい」 注文が殆んどです

ジーンズにはとりわけこだわりをお持ちのお客様・・

お直しの方法もかなり細かいところまで確認いたします

糸の色も其々のジーンズの修理の場所に合わせて選びます

面白いのは・・お客様が想像する色と修理に使う色とは少し差があるように思います 

出来上がって糸をお見せしたら、とても不思議なお顔をされていたことがありましたよ。。

ジーンズのお直しには糸をとてもたくさん使います

肩も・・・腕も・・・弊店のお仕事の中で一番の重労働??なのです。。。  疲れた~!!!!

嵐去り・・

台風一過・・本日は1時からSHOPを開けました

空気が澄んで何を見てもとてもクリア!!

今頃台風なんて・・・ と言いつつ店内はすっかり秋・・

秋もののスタートがいつもの年より早く感じます。。

英国調がトレンドだからでしょうか? 正統派のジャケット・パンツのお直しが増えているようです。

クラッシックなプリント、トラッドなチェック柄、太目のストライプ柄・・・etc・・・

今年も一番忙しい季節の到来ですネ。。。