台風です

外はものすごい雨です。。。

人が一人も歩いていません。

車が時々通り過ぎるだけです・・・

どうしよう・・・!!!

夕方からもっと雨が強くなる・・らしいです。

今日は、、、   早仕舞いしようかな~

なんて 考えながらお客様のコートをほどいていま~す。。

秋の気配

ここのところ、お電話や来店されてのお問合せや相談が多くなっています。

なんとなく涼しい日が増えて秋の気配を感じる今日この頃・・

秋のワードローブがそろそろ気になる頃ですね。。

ご質問の内容はいろいろ・・です。

先ず、お洋服を見せてください。そして、直し方やお値段等々ご要望をお話下さい。。

お客様のご要望にあう方法を一生懸命考えさせていただきます。

今年は、秋が早そうです。。ョ

ファスナーのこと・・2

前にもファスナーのことでブログに書いた事がありますが、第2弾。。

最近又ファスナーの取替えが多いです。

ファスナーは使用頻度が高い事もあって、思ったよりも傷みがひどいです。

特に少し前のものだとムシ部が金属のものが多く、塗装が剥げて錆びてしまっているものが

目に付きます。  結果、ファスナーが開かなくなったり生地を咬んでしまったり・・・

一番いけないのは錆の汚れが生地についてしまっているもの。

変色等の原因になります。

長い間汚れたままにしないこと、また、クリーニングをしておしまいになる時、、

必ずビニールに包まれたままにしないこと等、、ちょっとの注意で防げます。

それでも駄目な時・・もう劣化が始まっているものはぜひぜひお持ち下さい。

新しいものと取り替えましょう!!!

きれいが大事・・

先日、メンズのジャケットの肩詰めをお受けしました。

素材は一見普通の綿素材に見えましたが、ハイコーマ糸を使った高密度な素材でした。

大変縫いにくく、ぴりつきが出やすいので、作り手泣かせの素材です。

困ったのは、お直しが終わって仕上げに入ってから・・・

アイロンが掛けられません。。

かけようとすると直した部分でないところにしみのような・・ものが浮きで出来ます。

蒸気でふかしてもうまくいきません。。。

このままだとお客様にお渡し出来ない・・

そう思って仕上げのプロ中のプロ・・私の信頼するミツナガクリーニングの社長に見てもらいました。

即、言われました。  「汚れを取らなきゃダメだ!!」

結果、無事に仕上げる事ができました。

お洗濯の前にお持ちになる商品も多々扱いますが、正直こんな事は初めてでした。

改めて仕事の難しさを思い知りました。

お直しにはきれいが大事・・な事があるんです。。。

ビスチエタイプの・・

今年の夏は胸からウエストまでシャーリングをしたワンピース等

ビスチエタイプのドレスやブラウスを着ている方がとても多いです。

一様に裾からのパネル柄や裾からのデザイン等スカート部分のディテールが目立ちます。

それで・・お客様が困っているのが

まず胸の辺りのお直し、次に多いのが着丈直しがハイウエストでしか出来ないもの・・

胸の辺りのお直しは、それこそ一人ひとり違うので試着していただいてお話しながら

どのように変化させるか考えます。

丈の直しはプリントなどの柄や雰囲気を壊さないように気を使いながら

お客様のご希望に合わせて直します。

先日は、生地が透けてしまうので裏地を・・とのご注文でした。

いろいろ考えて、裏地でアンダードレスをおつくりしました。

どうせならシルエットにひびかずドレスの胸位置がきれいに見えるほうが

良いと思ったからです。。。

もしお困りでしたら、、ファッション工房 ルクレまで是非お問合せください。。