くり・・

お仕事で大事なくり・・は、股ぐり・・袖ぐり・・衿ぐりetc

洋服をつくる時に、立体感を現す一番!大切なものです

先日来店されたお客様・・急に太ってしまいスラックスが窮屈になった結果

股ぐり部分が破れてしまったとのこと・・お直しのお店で修理をしたらお尻に

あたりが出て気持ち悪いので直して欲しい・・とのご依頼です

早速拝見すると・・・破れた補修が元のくりより欠けています

そのまま股ぐりを縫っているので体に添うカーブになっていません???

きれいなカーブでないと・・・確かに気持ちの悪い着心地になります。。。

お客様と相談して先ずは股ぐりのみの修復を・・

出来上って・・身に着けて・・ここで体操やらいろいろ動いていただきました(笑)

お客様から 「OK」 をいただきましたので今回はここまでにしましたが・・・

すきま・・

春になるとシャツのお直しが増えます。サイズ直しがほとんどですが

最近気になることが・・・ 「胸の辺りが開いてしまう!」 と言うご相談が・・

シャツの前身ごろは、前立に釦が付いて、釦には釦ホール・・

ドット釦が付いているものも多々見られ、これらは固定されています

体の動きと合わない位置についていると当然ながら隙間がパクパク開きます

直す事ができないダメージです・・・それでお客様の了解のもと釦とけんかしない位置を

選んでスナップをおつけします  最近はお洒落なスナップもたくさんありますので

カラーにしたりetc お客様も楽しんでますよ。。

サイズ・・

桜満開で今日はとても春らしい日和です。。

店内には入学式に着るためのお洋服が並んでいます

二代で着たいスプリングコートやジャケット、ワンピースetc

その中でちょっと気になったのは中学生の制服・・・

肩幅が46cmもありました 

最近では大人のメンズでも大きいほうになる寸法です。。。

お聞きしたところ、制服を購入したデパートで勧められたとか

「三年間着るので大きい方が良いですよ」 と言われて納得出来なかったとお母さん

それでお子様の身長サイズをお聞きして42cmの肩幅に修正する事にしました

一番変化するのは袖丈・・これは4cmしか出ない構造・・

丈もデザイン的に出す事が出来ません。。。

初めて袖を通すジャケットだから・・

制服は 「大きい方が良い!」 だけではない配慮をお願いしたい・・ですね